Sが行く旅行と温泉の祭り

日本には最高の旅行場所と温泉ちが溢れすぎている・・・。

山梨の身延町付近を巡ろう!(ゆるキャン聖地巡礼も兼ねてます)

山梨のたくさんの自然と絶景を巡る旅!

今回は山梨県身延町を中心にゆるキャンの聖地や、身延町の主な観光地を巡る旅にいってきました。

 

電車でのアクセスも東京から2時間弱でこれちゃいます。

(※)ただし車のほうが身延町観光はしやすいです。

 

都内からの車でのアクセスも中央道で2時間でこれちゃうので車での観光を推奨してます。

 

今回は朝から身延町の誇る絶景が見れる神社

身延山久遠寺

に訪れました。 

www.kuonji.jp

 

こちらのお寺の信仰などをご紹介したいですが、あくまで観光として

訪れたので、今回はスポット紹介としておきます。

 

実はこちらの神社ロープウェイで山頂まで登ることができ、

天気が良い時には絶景と富士山を拝むことができる神社として有名です。

 

私は早朝に訪れた際の写真はこちらです。

 

残念ながら早朝で雲が多く雨上がりでもあったので、富士山を拝むことはできませんでしたが、夏場でも涼しく快適に過ごせる気温でした。

また神社といえど侮るなかれ、まるで山登りでもしたのごとく絶景を拝むことができました。

 

 

お次の観光地はアニメゆるキャン

でも有名になったキャンプ地

四尾連湖

に訪れました。こちらも夏場とは思えない涼しい湖になっており

是非夏訪れてほしい観光地の一つです。

 

こちらキャンプ場として有名ですが、湖としてカヌーや釣り(貸出あり)

を堪能することができるため、キャンプ目的でなくてもお勧めする

観光スポットです。

 

www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp

 

こちらも夏ですが、秋も紅葉が絶景でカメラマンに人気のスポットになっているそうです。

 

 

 

またゆるキャンの聖地ともなっており、こちらのようおなパネルが展示されています。

 

今年の冬からゆるキャンのファンの方が多く訪れてきているとお話しを伺いました。

 

 

今回は身延町をかんこうさせていただきました。

機会があればまたすぐ訪れさせてもらいます。

ありがとうございました。

都内から行ける『長野』日帰り温泉旅行

今回筆者の

『都内池袋近辺から行けちゃう』・『週末だけでいけちゃう日帰り温泉旅行』

について紹介させていただきます。

 

週末、日帰りで東京から長野を観光できるのかを実践してまいりました。

 

東京にてレンタカーで長野に向かいます。 

新宿から中央道を使ってまずは長野まで、約200キロで

高速中央道を使い2時間弱ほどで諏訪湖周辺までいけちゃうんですよね。諏訪湖と山梨はほぼ隣接しているので観光に続けて観光する際にオススメです。

Google マップ 

 

まずは諏訪湖周辺にて是非見て頂きたいのは

『高島城』

f:id:shiromosbako:20180321121218j:plain

www.jalan.net

この季節になると城内は桜で満たされるので花見にでかけるのも良いでしょう。

外堀までしっかりと水がはられており、見応えのある城としてオススメです。

実はここゆるふわキャンパーアニメ『ゆるキャン△』にも使われており、観光ついでにアニメの聖地巡礼もしたい方にオススメです。

さて気になるのは温泉情報かとおもいますが、もちろん長野県諏訪湖周辺にも面白

い素晴らしい温泉がたくさんありますが、そのうちの筆者が訪れた一つをご紹介させていただきます。

 

『片倉館』

f:id:shiromosbako:20180321122453j:plain

【片倉館】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

千人風呂で有名な片倉館です。 

片倉館の外観がとてもお風呂があるような外観ではなく、昔のちょっとした中性のお城のような外観をしているので外観を見るだけでも見応えが在るかと思います。

片倉一族によって昭和3年に建築され現在まで続いてる老舗の温泉になります。

入り口もこんな風になっています。

f:id:shiromosbako:20180321122253j:plain

要塞のような入り口ですよね(笑)

 

また片倉館の中のお風呂もかなり面白い作りになっており、、、

f:id:shiromosbako:20180321122842j:plain

出典:長野県観光HP

https://sumally.com/p/822355

お風呂の中まで中世を意識した作りになっていてはいるだけでワクワクしてしまいますね。

中央の浴槽は見た目以上に深くなっており、175センチの筆者でも肩口まできたので、お子さんとはいられる方は注意してください。

さて、この片倉館も実はアニメ『ゆるきゃん△』に使われており、巡礼もかねて、、、という方にもオススメです。

 

また片倉館近くには上諏訪駅があり、

そちらは日本映画でも有名な 『君の名は』にも登場している駅です。

瀧君が長野に来て村を探すためにきた駅のモデルになっております。

(そもそも諏訪湖自体がモデルになっております)

のでついでに寄ってみるのも良いかもしれません。

 

さて長野県諏訪湖まできたなら絶対によって欲しい夜景スポットがあります。

それは・・・

『立石公園』

f:id:shiromosbako:20180321124048j:plain

 

f:id:shiromosbako:20180321124126j:plain

とんでもない絶景ですよね。立石公園からは琵琶湖全体が綺麗に見渡すことができ、街灯も少ないのでとても綺麗に夜景を落ち着いて見ることができます。

また公園というだけあって、とても広い広場や、フォトジェニックに撮るための高い建物のオブジェクトがあり、それだけで楽しむことができます。

 

しかし、これだけの条件が揃っているので、

※夜になるとカップルがたくさんいたので、それに耐えられるメンタルをお持ちの方にオススメです(笑)

 

ちなみに、一般の方はおそらく立石公園で夜景を見よう!となって訪れる方が多いかと思いますが、、

レンタカーでせっかく長野諏訪湖まできたのだからさらにすごい夜景が見たい。

という方に絶賛オススメの場所があります。

その名も

『高ぼっち高原』

f:id:shiromosbako:20180321125350j:plain

www.pixpot.net

筆者も訪れましたがとんでもないくらいの絶景でした。 

さすが神が座して見下ろした高原と言われるだけ在ります。しかし車がないととうてい無理です。とても狭く険しい道を車で飛ばしてやっとたどり着ける場所でした。

また道も複雑怪奇でわかりづらく上記ブログの道順を頼りにやっとたどり着けるレベルですので、行く方はしっかりとした準備を。

また高ぼっちといってもしっかりトイレや牧場などしっかり楽しめる施設もあったので安心してください。

 

また冬期は道が閉鎖されており、季節の積雪にとって期間も変わっていますが、例年毎年1月から3月末までは閉鎖され高ぼっちまでたどり着けず山間部途中で引き返す

ということになりかねないのでご注意ください。(筆者は一度冬期に向かい道路が閉鎖されていて山間部で引き返しています)

 

以上長野の諏訪湖周辺の温泉と主要観光地のご紹介でした。

 

※記事内容は2018年3月21日状態のものです。

 

池袋近辺のオススメ日帰り温泉◎

東京の池袋近辺のオススメ日帰り温泉

 

本日は東京都内の日々の疲れを癒せるオススメ温泉をご紹介させていただきます。

 

 都内に住まわれいる方は近くに天然温泉がない・・・

銭湯しかないんでしょ?長期休みにしか温泉宿に行けない・・・

 

なんて思っている社会人の方がたくさんいられるかと思います。

そんな都内近郊に住まわれている方へのオススメの日帰り温泉を紹介させていただきます。

 

東京染井温泉Sakura 

f:id:shiromosbako:20180305181254j:plain

写真引用:ことりっぷ

https://co-trip.jp/spot/24502/

東京山手線「巣鴨駅」から徒歩20分程度で行ける非常にアクセスの良い温泉です。

また巣鴨駅南口からは無料シャトルバスも運行しているので気軽に行ける距離にあります。

※無料シャトルバスについては公式HPの交通案内の欄に詳細があります。

 

都内の喧騒と離れた雰囲気の宿となっており、

館内料金は大人で1296円となっており滞在時間の指定もないためゆっくり過ごすことができます。

館内の雰囲気としては昔ながらのモダンな庭園を意識したとても綺麗な館内となっており、女性向けにとても綺麗に整備されています。

ロッカーなども鍵でなく電子で全て管理されているなど貴重品なども安心して預けることができる設備が整っており安心してゆったりすることができます。

岩盤浴

土日祝でも1296円(館内利用料とは別)で楽しむことができます。

 

前野原温泉 さやの湯処

f:id:shiromosbako:20180305182633j:plain

 

引用元:スーパー銭湯・温泉マニ

http://スーパー銭湯.jp/さやの湯処-862

都営三田線 志村坂上駅から徒歩8分ほどにある温泉になります。

料金としては大人料金として平日:870円 休日:1100円になります。

休日は滞在時間が決まっており、ご注意ください。

 

ここは源泉掛け流しにとてもこだわっており、都内の温泉では非常に珍しい

うぐいす色の濁り湯の掛け流しになっており、肌触りに優しく癒してくれる泉質になっています。

また写真からわかる通り、とても館内の雰囲気にこだわりがあるのが伝わる施設作り担っています。 

有名温泉旅館に来ているような錯覚に陥りながら食事を楽しむことが日帰りで可能になっています。

f:id:shiromosbako:20180305183658j:plain

出典元:DEECE

https://deece.jp/amusement/17880435

 

万年の湯

f:id:shiromosbako:20180305192302j:plain

出典元:東京都浴場組合

韓国を知りたい街といえば新大久保。

新大久保にある万年の湯です。

2016年にリニューアルしたばかりの館内は木を中心にモダンな味わいの作りになっており昔ながらの落ち着く館内になっています。

 

詳細情報

  • 住所:東京都新宿区大久保1丁目15−17
  • 料金 大人:460円 子供:180円
  • 営業時間15:00〜24:00

 

板橋天然温泉スパディオ

f:id:shiromosbako:20180305193014j:plain

引用元:湯サーチ

http://www.s-sento.com/13_tokyo/spa017.html

池袋から二駅の板橋元町駅近にある天然温泉施設です。

館内着やタオルが完備、リラクゼーションルームなど休憩室も充実の一日中ゆったりできる充実しすぎている館内施設です。

HPにクーポンがあり安くなれたり18時以降の来館であれば割引価格で入館できたりします。

施設詳細

  • 住所:東京都板橋区宮本町49−4 
  • 料金:大人:2200円 子供:1360円
  • 営業時間:10:00~23:00

2018年3月現在の記事になります。

山梨県「ほったらかし温泉」

 

おはようございます。

今日はかの絶景美景を見れる露天風呂で有名な

山梨県

ほったらかし温泉

を先日訪れたのでご紹介させていただきます。

 

まず日本一とも言われるこの露天から見れる絶景をご覧ください。

f:id:shiromosbako:20170426082014j:plain

もうすごいですよ。

天気が良ければいつでもこのレベルの絶景見ながら温泉にはいることができます。

苦もないときには富士山がひょっこり顔を出すことも。

また夜景もものすごいんですよここ。

ちなみに山の上ですが、ちゃんと夜まで営業しているところなので安心してください(笑)

夜景はこんな感じです。

f:id:shiromosbako:20170426082236j:plain

 

もうすごいですよ。

 

しかもお湯がぬるくそれでいて、温まる源泉かけ流しなので、ながーくつかることができます。

あので、17時ごろから19時くらいまで入るのがベストなんじゃないでしょうか?

どんどん暗くなっていって徐々にいろんなところみ灯りがともされ

景色が絶景になっていく様は本当に見ごたえがあるかと思います。

 

またこここの景色一か所?しかないんでしょ?や

女性だったら混浴なんでしょ? といった質問もあるかと思います。

 

なんとですねえここ男女別。 さらに二か所もあるんですよ。

その名も

「あっちの湯」

「こっちの湯」

お二つに分かれていてどちらも絶景なので、二つとも入っちゃうのもありなんじゃないでしょうか。 二つともほぼほぼ歩いて30秒くらいと隣接されているのですぐいけちゃいます。

 

気になるのは値段かと思うのですが、

なんと一か所700円ではいれちゃいます。 

もうこれならすぐいくしかないですよね?(笑)

ただちょっとアクセスが難しくて、景色の都合上やはり場所が山の上になってしまっているので、できれば車で訪れたほうが良いのではないでしょうか・・・。

バスやタクシーでもいけますが、タクシーだと確か2000円弱ほどかかった記憶があります。

追記で、ここ実は休憩場所が外なんですよ。

f:id:shiromosbako:20170426083015j:plain

 

 

こういう感じで外になっているので、自然と山の空気を楽しみながら

ごはんを食べることができます。

私のおすすめはここは温泉卵があるので、

とても絶品なのでおすすめです。

 

気になる方はぜひ訪れてみてくださいね。

 

秋田県の秘境温泉「乳頭温泉郷」絶景雪見露天風呂(㋂)

もう桜の季節も終えかけ梅雨の時期に入ろうかとなる時期ですが、とても絶景だったので、3月にいった秋田県の秘境温泉の絶景雪見露天風呂についてのブログを書かせていただきます。

日本でナンバーワンと呼ばれてるくらいの絶景が見れるのでぜひとも訪れてほしいということで紹介します(笑)

やはり雪見露天風呂なので冬の2.3月ごろに行くのがベストなのですが、

何分秘境よ呼ばれているところなので、車で行くのが必須になるのですが、かなり信じられないくらいの雪道を運転することになると思うのでそこは注意してください。

こんな感じです。

f:id:shiromosbako:20170415105209j:plain

こんな感じです…

ものすごい豪雪なので運転自信ある方と行ってください。(笑)

 

さて乳頭温泉郷ですが、なんと歩いていける距離範囲内で7つの温泉を一気に

楽しむことができます。

詳しくはこちらのサイトを参照してみてください。

乳頭温泉郷へようこそ~乳頭温泉組合 

なんて1800円で湯めぐり趙を買ってしまえば7つの宿すべて入れちゃいます!

 

私は二つのところを堪能したのですが一つ目が

乳と温泉郷一番有名な雪見露天風呂

鶴の湯]

です。

f:id:shiromosbako:20170415105754j:plain

ちょっとぬるめですがかなりお肌がすっべすべになります。

本当におすすめです。 ただしお湯の温度が低めなので長く入れますが

がっつり温まることができます。 

混浴できますが、かなり濁りの強い白湯なので女性は必ず入ったら

バスタオルをとってお入りください(マナーですので)

若いカップルの方もそこそこいたので気軽に入れるかと思います。

 

二つ目は乳頭温泉郷7つの湯の一つ

妙乃湯(たえのゆ)」

です。 

絶景すぎるといえばここってあがるくらいでしょう。 

 

f:id:shiromosbako:20170415111048j:plain

 

そうです。なんと川と雪景色がうまくマッチングしてとんでもない絶景になります。

(この時は雪が強すぎて網傘をお借りしていました(笑))

 

乳頭温泉郷は7つの温泉のそれぞれの

宿は各でお泊りもすることができるので、

ぜひ家族旅行などで訪れてみてください。 

きっと素敵な思い出になることは間違いないです。

 

春に訪れても夏に訪れても素敵な山の自然の景色が見れて本当に絶景です。

空気も都会と比べて信じられないくらい綺麗で夜に星が信じられないくらい輝いています。

 

ぜひ興味を持っていただけたら訪れてみてくださいきっと

 

素敵な思い出になります。

 

 

(岩手県 大沢温泉 「湯治屋」 )秘境温泉地。

ブログ始めました。

 

かなり多趣味でいろんなことをブログから発信できると思ったので、

自分がはまったこと行った非境地、おすすめの音楽やアニメ漫画などのカルチャー知られざるおすすめロックバンドやおすすめ旅行地、寺等いろんな事を発信していければと思ってます。

なにかみなさんの趣味のスタートのきっかけになればと思っているので、なにか気になることがあれば気軽にコメントしてみてください。

 

さて、早速ですが三月に訪れた旅行で

岩手県にある有名な雪見露天風呂が体験できるという

 

大沢温泉「湯治屋」

 

にいってきた写真やお話をさせていただきます。

まずはそこでの雪見露天風呂での一枚を。

 

f:id:shiromosbako:20170414194614j:plain

このような景観の雪見露天風呂でした。

なんとあの有名な宮沢賢治

さんもよく利用されていた温泉だったってこと

でファンのかたは必見です。

 

また旅館の中もかなり趣深い部屋や作りになっていて、

昔ながらの雰囲気を味わいながら心も体もリラックスできるので是非訪れてみてください。

f:id:shiromosbako:20170414194848j:plain

f:id:shiromosbako:20170414195048j:plain

 

そしてお値段が気になるかと思いますが、

なんとですねお一人様3000~5000で一泊できちゃいます。

なんとリーズナブル。そしてご飯所もありおいしい和食が食べれちゃいます。

 

なんといっても雪見露天風呂が推していますが4.5月の季節には新緑。

 

秋には紅葉も一面もみじに囲まれる等景色はもう唖然とするレベルです(笑)

またこの宿なんと温泉が7個?8個?あります。

正直身体が3つくらい欲しかったです・・・

 

露天風呂のほかにも室内温泉や川の景観が綺麗なお風呂、

はたまたひのきに囲まれた自然のぬくもりを感じることができる檜風呂などなど。。。

正直充実しすぎでした!!!笑

 

温泉大好きな方には必見の所でしたネ! 

岩手県東北方面ですが、駅までいけば連絡しておけばお迎えバスもあるそうなのでアクセスもばっちりですね。

温泉大好きな私ですが満足できる良い湯治屋でしたので、

大学生のサークルやご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

 

最初のブログ投稿になりましたが今回は

私が3月に訪れた岩手県の温泉について語らせていただきました。